200kサーブへの道 バク転編

番組の新企画【200キロサーブへの道】〜バク転スクールへゆく編〜第1章

ある日、テニロボは考えた。
サーブで200キロを出すためにはどうしたらいいのか?
それには全身のバネと柔軟性を最大限に使えて初めて200キロサーブへの道が切り開けるのではないのか⁈
そうだ!バネだ!バク転だ!

バク転が出来る位バネがあったらサーブのスピードも上がるのかもしれないっ!

・・・というわけで大阪北区にある(阪急梅田駅から徒歩5分)
【美鍼ーFace(ビバリーフェイス】さんの中にある [バク転スクール]にやってきた テニス応援隊あらじお の原田さんとテニロボ。
元器械体操選手で現在スアスレティックトレーナー 安藤先生の指導の元 レッスンをうけます。

安藤先生はこう言いました。

「身体に柔軟性と筋力がないとバク転はできません。
つまりバク転が出来る身体というのはとてもレベルの高い健康な身体と言うことです!」

なるほど!レベルの高いサーブを打つためにはレベルの高い身体が必須!

看板の絵のように美しいアーチを描けるようにレッスンスタート!

*今日の【200キロサーブへの道】
身体に柔軟性と筋力がないとバク転はできません。
つまりバク転が出来る身体というのはとてもレベルの高い健康な身体と言うことです!

バク転協会

次回!トレーニングの様子をお伝えスマッシュ♪