新企画【200キロサーブへの道】〜バク転スクールへゆく〜第2章

大阪市北区角田町(阪急梅田駅から徒歩5分)【美鍼-Face(ビバリーフェイス)の中にある[バク転スクール]にて
バク転が出来るとサーブが早くなるはず!
レッスンをスタートした テニス応援隊の原田さんとテニロボ
・・・しかし!スタートからいきなり問題発生‼︎

準備運動にさまざまなストレッチをするんですが、これがなかなか難しいンデス💦
最初におこなったストレッチは手首や肘肩の部分のストレッチで、

この部分一帯をよくシナルようにする事でブリッジの曲線に余裕が出来てきて、結果バク転がしやすくなる。

ただ手首のストレッチと言っても先生と比べると この差💦

先生の肩から手首にかけての角度と比べて

2人の肩から手首にかけての角度が全然違う!


逆向きストレッチに移ると痛さのあまり肘が曲がってしまう始末!

 

首のストレッチに至ってはタダ頭を抱えて悩んでる姿にしか見えません。

 

でも、レベルの高い身体になるためには身体の柔らかさが無いと!(怪我の元ですからココをおざなりにしてはいけませんっ!)

序盤のストレッチだけでヒーヒー言っている2人ですが、先生から言わせると
「逆に2人共身体の柔らかさをまず手に入れれば、バク転出来る可能性が大なので、粘り強く頑張ってもらいたい!」
との事!

ストレッチは始まったばかり!
最低でも30分はかけて柔らかくしていくそうです💦
これは粘り強く行くしかありませんっ!
200キロサーブへの道は長くて険しいデス‼︎

*今日の【200キロサーブへの道】
〜ストレッチを終えた原田さん
「全く身体が言うこと聞かへんかった。・・・まるでロボットみたいやわ(笑)」
ってボクの方を見て言ってきました。
これから毎日ストレッチをするそうです。〜

 

 

3 Trackbacks / Pingbacks

  1. Cialis generico
  2. Cialis daily
  3. Buy cialis online

Comments are closed.